不妊治療で双子を妊娠する確率と注意点

不妊治療,双子不妊治療を行うと双子を妊娠しやすいと言われていますが、本当なのでしょうか。

 

不妊治療では、排卵誘発剤という物が用いられます。
排卵を促すことで妊娠を目指すための薬ですが、実は排卵誘発剤を使うことで、一度に二個以上の卵子が排卵されることがあるのです。
そのために、二卵性双生児を妊娠する可能性が高くなるということなのです。

 

不妊治療で排卵誘発剤を使い、一卵性双生児を妊娠したという人もいるかもしれません。
この場合、1つの受精卵が何らかの理由で2つに分裂した結果なので、排卵誘発剤の使用は関係ありません。

 

では実際、排卵誘発剤を使ったことで双子を妊娠する可能性はどれくらいなのでしょうか。
もともと、日本では双子が生まれる確率というのは低く、なんと約1パーセントです。
しかし、内服タイプの排卵誘発剤の使用で約5パーセント、注射タイプの排卵誘発剤の使用で約20パーセントもの確率で双子を妊娠するのだそうです。
なぜ注射タイプだと双子の妊娠率が非常に高いのかというと、卵巣に直接働きかけるため誘発力が内服タイプより強いからです。

 

子供を授かりたいために不妊治療を行うのですから、そこで双子を授かるなんてとても幸運だと感じるかもしれません。
しかし、双子の妊娠・出産は母体と胎児にも負担が大きいということを理解しておきましょう。

 

母体へのリスクは貧血、妊娠中毒症、切迫流産、早産、羊水過多などがあります。
胎児のリスクは発育不全、一絨毛膜二羊膜、双体間輸血症候群、低出生体重児などです。

 

双子を妊娠したとわかったら、設備がきちんと整った大きな病院を選ぶようにしてください。

 

長年の不妊治療で妊娠しなかった3400人以上の方が

ある問題点を解決することで自然妊娠に成功しています。

全額返金保証・メール相談付

↓↓↓

>>『しあわせ妊娠マニュアル』はこちらから<<